ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

鍼灸学校の学校案内など

2019年5月18日

鍼灸の母校から学校案内や

来年度の学生募集要項などが届きました。

こんなん↓

3セットありますので、ほしい方はご連絡くださいませ。




ぬちぐすい 令和のプチはたらき方改革

2019年5月6日

ぬちぐすい 令和のプチはたらき方改革!
6月より ぬちぐすい は変わります…少しだけ。

時代も平成から令和にうつり、来院くださる方たちにとっても、私にとっても、よりよい鍼灸院でありますように、ぬちぐすいも気分も新たに始まります。

鍼灸をするにあたり、来院くださる方に寄り添ってお話を聞き、身体をよく診て施術をし、不調の原因はなにか、今後の養生はどうするかなど一緒に考えて取り組んでいきたいと思います。

また、わたくし事ですが、昨年末からの家族の長期入院により生活が一変し、心持ちが変化することも多くありました。とにかく日々、今この時を、目の前のことを大切にしよう、と強く思うようになりました。来院くださる方たちも大事。家族も大事。仕事も大事。家事も大事。

私なりのバランスを考えてのはたらき方改革です。

★診療時間★
火曜・水曜・木曜・金曜・土曜: 9時~17時(最終受付)昼休み有
日曜: 9時~11時(最終受付)

★休診日★
定休 :月曜・祝祭日
不定休:日曜(月1回程度)・夏季休暇・年末年始

★回数券★
回数券販売は5月末日までで終了いたします
期限内はご使用ください

★施術★
鍼灸+部分指圧(約45分)4500円

★予約★
電話054‐221‐5489
(施術時間外は留守番電話対応)
メールまたはホームページから
info@ncgsi.com または http://www.ncgsi.com/form/index.htm
(返信は施術時間内となります)

★駐車場★
1台分
場所は同じです(美容室mu様の隣)

何卒よろしくお願い申し上げます。

令和元年5月吉日
鍼灸・指圧 六番町ぬちぐすい 篠崎由貴子




GW期間中の診療~現在の空き状況

2019年4月25日

GW期間中の診療、現在の空き状況です。

 

5月2日(木)11時~

5月3日(金)11時~

 

よろしくお願いいたします。




できることしかできない

2019年4月24日

来院された方が、

いらした時より少しでも快適になられて帰られるなら、

もしくは帰られてから少しでも改善されているなら、

本当にうれしい。

そこからその人の持っている自然治癒力が賦活してどんどん治っていけばいい。

もっとすっきり治して!と思うむきもありましょうが、

私の今の実力、仕方なし。

努力します。チャレンジします。

でもできることしかできない。

できないことはできない。




なかなかねぇ

2019年4月11日

眼圧が高いと言われた患者さん。

ちょうどそのころ、顔にお出来がぷつぷつとできていた。

そして、高脂血症の数値も高くなっていった、と聞いた。

日常生活では、ストレスが随分多いようだった。

既往症は糖尿病などあり。

 

などと伺うと、経絡治療をされている方などは、

いろんな症状があっても、個別に考えず、その人そのものをまるごと診ますので、

それらの症状を合わせて考えると、

肝経の異常があるかな、とまず想像すると思うんですが、

 

医師は関連がないと言っていたそうです。

 

という話を伺うと、なかなか複雑な気持ちになるのでした。

 

 

 




ゴールデンウィークの診療

2019年4月5日

今年はなんとなんとの10連休なんですね。

ぬちぐすい は、地味に診療をしたいと思います。

 

4月27日(土)        診療

4月28日(日)・29日(月) 休診

4月30日(火)~4日(土) 午前中のみ診療(9時~12時)

5月5日(日)・6日(月)   休診

 

よろしくお願いいたします。

 




訓練

2019年4月2日

調理専門学校などでは、

大根の桂剥きのテストがあるそうですね。

1ミリ以下で途中切れることなく

同じ厚さでむき続けるという…

 

思い出したのは

鍼灸専門学校でのお灸の捻りテストや、

片手挿管テストがあったなー、と。

 

艾を米粒大や半米粒大などに小さく捻って、

延々、ティッシュに並べていき、線香で火を点けます。

同サイズで、且つ同じ捻り加減で作ることで、燃やした際、ティッシュに同じ燃えた穴があきます。

手早く、たくさん、きれいに、同じものを作ることが求められます。

難儀でした。

速くはできるのだけど、

一律に捻ることはなかなかできませんでした。

 

そして片手挿管というのは、

鍼を刺す時に使う鍼管というものがありますが、

その鍼管に鍼を片手で入れる方法です。

それを何度も繰り返してするんです。

滞りなく滑らかにはやくすることが求められました。

こちらは、苦労なくできました。

結構、器用なところもあるんですよ^_^

(自画自賛)

 

私の母校では右手で片手挿管することになっていたため、

左利きの人は、右手に矯正させられていて大変そうでしたー。




← 一つ前に戻る!