ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

歳を重ねる

2018年7月14日

ずっと、

嫌なことは がまんできるけど、

やりたいことは がまんできない、

と思ってました。

 

しかし ふとこの頃 思うのは、

嫌なことも がまんできないし、

やりたいことも がまんできない!

ということでした。

 

そして、

なにより そうできる環境がありがたい

と思いました。

 

がまんがきかないと同時に、

いろんなことに感謝の念がわいてくるというのは、

歳を重ねたせいでしょうか。

それも悪くないと思いました。

 

 

 




はけた

2018年7月13日

ハンガーにかかっているストレッチの効いたスリムなパンツを見ると、

こんな細いのはいるはずない、と思うのだけど

がんばって足を入れてみると

はけるという不思議❤




足がつる

2018年7月12日

最近、足がつる、と患者さんからお話を聞くことが多いように思います。

体の中が水不足になっているのかも。

熱中症にも近いのかも。

 

足がつるのは、

血流が悪くなっていたり、

筋肉を使いすぎていたり、

水不足・ミネラル不足だったり。

それは、

暑くて汗を大量かいたためや、

冷やしていたためや、

疲れすぎていたためや、

運動しすぎていたためや、

反対に運動しなさすぎのためや、

いろいろ。

 

予防としては、

↑ これらの逆を考えればいいですね。

 

で、すでにつってしまったら? その時どうする?

あたためるとか、

ひきつった筋肉を反対側に伸ばすとか、

ポカリスエットや梅酢をうすめて飲んだりとか、

芍薬甘草湯を飲むとか(頓服的に飲んでも効く)、

あと、患者さんから教えていただいたのは・・・

痛いけどがまんして歩き回るとか、

足首に赤い糸を巻く!という方法もありましたよ。

あ、これは、予防として、と言ってたかな?

お試しください。




ふっくら と しわしわ

2018年7月11日

1か月ほど前に漬けた「梅の白ワイン」「梅のビネガー」ですが、

いい感じにおいしくできています。

 

で、面白い現象が起きているのですよ。

 

こちら ↓ 梅の白ワイン漬け。梅がふっくら膨らんでます。

 

こちら ↓ 梅のビネガー漬け。わかりにくいですが、梅がしわしわにしぼんでます。

お酒を飲むとむくむ、ってこういうこと?

酸味は東洋医学では収斂作用があるというけど、こういうこと?

浸透圧の問題?

 

誰か、おせーて。

 

 

 

 

 




自由

2018年7月10日

よく思うことだけど、

目の前の現実が嫌なものだとしても、

自分の頭の中は自由なのだと。

 

現実は変わらないけど、

それに対峙したときに感じたり考えたりする自分の頭の中は自由なのだと。

 

あまり嫌な気分にフォーカスしないで、

忘れたり、諦めたり、流したり、斜めからみてみたり、後ろからみてみたり、ふざけてみたり、とぼけてみたり・・・

 

私は、なるべく自分にダメージがないようにする癖がついてしまった。

(果たしてそれがいいことなのかどうなのかよくわからないが。)

 

でも、体調のすぐれない時は、なかなかそれができにくい。

嫌なことに浸りきって思考が止まる。

 

「健全な精神は、健全な肉体に宿る」

ふと、そんなことを思う。




ようこそ

2018年7月7日

ぬちぐすい治療室の前の壁にいました。

やもりさん?

ようこそ!




天気と体調

2018年7月6日

ドイツでは気象と体調の関係が学問になっていると、かつて聞いたことがありますが、

日本でも、バイオウエザー・生気象学というのが

定着し始めているのでしょうか。

 

異常気象の時は、

体調不良の方が多いですね。

 

そのことは、

東洋医学の病気の考え方には当然のようにあって、

病気は、

内因・外因・不内外因によって起こるとされています。

内因は、感情の振れ幅が大きい場合などによって

外因は、気象などの自然環境によって

不内外因は、生活上の不摂生などによって

、です。

 

異常な自然環境が、体調に影響を及ぼすと昔から考えられていましたが、

それを科学的に証明することはなかなか容易ではなかったのかな。

そんなことないよねー、ただ、やってこなかったんだねー(-_-)

 

藤田保健衛生大学救急総合内科/GIM部門 というとこのブログに、

生気象学についてわかりやすく書かれていました。

ご参考までに!

 

また、健康・天気予報バイオウエザー と言うサイトもあります。

その中の 健康予報 もよろしければ。

 

 

 

 




← 一つ前に戻る!