ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

ライン@

眉間のシワ

2020年5月29日

今朝、鏡をみての驚愕の事実。

知らぬ間に眉間にシワが刻まれていたこと。

いやだー、いやー、いやなのー。

難しいこと考えてる人生じゃないのに、

年齢だけは重ねています、みたいな感じ。

目尻や口元のシワは抵抗ないのに、

眉間のシワは…

毎日、顔に鍼したらなくなるかしら?

シワはなかなか手強そうだなー。

とりあえずは、眉間のシワが伸びるような表情を心がけましょう。

スマイル😊

(鍼もやるよー)




達成感?充実感?

2020年5月27日

洗濯機のお風呂の残り湯を入れる機能が壊れたので、

洗面器で汲んで入れてます。

壊れる前はそれほど残り湯を使ってなかったのに。

謎の達成感というか、充実感があって。

そして一人バケツリレーみたいでちょっと楽しかったりして。

 




230g

2020年5月19日

先日、家族のリクエストにお応えして太巻きを作りました。

巻き巻き♪

せっかくのリクエストだったので失敗は避けたいと

レシピを検索したところ、

 

「酢飯は230g」と。

 

そうなんですか!!!

そんなもんなんですか!!!

 

巻き方のコツとか、

酢飯の酢と砂糖の配合とか、

かんぴょうの煮方とか、

そんなことを知りたいと思ったのだけど、

どうやら酢飯の量は大事らしい。

いや、もちろん味つけとか、巻き方は重要なんですが。

 

で、言いつけを守って230g。

 

おおーーーーーーー!

私にしては素晴らしすぎる出来栄え!

写真を撮らなかったのが痛恨のミス。

 

たいていの料理は適当に作るから

適当な料理になるのだなぁ。

そもそも料理のセンスのない人は

先人の知恵を拝借させてもらうのがおいしい料理への近道だなぁ

と思い知らされるのだった。

 

 

 

 

 

 




お待ちしております

2020年5月13日

アフターコロナはいろいろなオンライン化が進むんでしょうね。

 

で、私も乗り遅れないようにしなくっちゃ!と

はりきってここのところスマホを触っていたんですが、

 

 

肩凝った・・・

休みたい・・・

電源切りたい・・・

 

 

みなさん、大丈夫ですか?

 

 

鍼灸の仕事をオンラインするということを考えたとき、

単純に発想するのは、zoomなどを使って

ツボ講座を開くとか、

東洋医学的な健康相談をするとか、

バーチャル鍼灸体験をしてもらうとか?

漠然とそんなことも思いますが、

全然ピンときません。

というか、あまりやりたい気もおきないなぁ。

 

なにか面白い発想あるかしら?

探るべき?

 

どんどんアナログ的なことは切り捨てられていくのかしらね。

 

 

人の身体に触れるという根源的な?コミュニケーション方法は、

パートナーとだけの極めてパーソナルなものに限定されていくんでしょうかね。

握手もハグもなくなって、

お医者さんもオンライン診療に成り代わり。

 

そういえば、かつてエイズが言われ始めたころ、

風俗などは激減したのかな?

でも絶滅しない。

 

鍼灸もなんだかんだ生き残っているし。

 

医者と風俗と鍼灸と並列なんだなぁ。

面白いなぁ。

 

 

身体を人に触られることがNGな社会になるとしたら、

私は潔くこの仕事をやめるのか?!

そしたらいっそ、三味線の弾き唄いか女優かシナリオライターになろうかしら~♪(←やってみたい)

 

 

でも、きっとそんな社会になっても

「とはいえやっぱり触ってほしい」という変わり者?の方に活路を見出し(笑)

細々と前時代的な施術を続けていって

少しづつ枯れていきます。多分。

 

変わり者の方、いつでもお待ちしております。




保険

2020年5月8日

街の医院に患者さんが少なくて

経営的に危機的状況だと聞きますが、

 

数週間~1か月ぐらいなら行かずとも我慢できる、ということなのか、

医院が三蜜になりそうだから行かないようにしとく、なのか、

 

よくわからないですけど、

 

カラオケ店とか飲食店のように休業要請されていないのに

大ダメージを受けているということだけをとらえると、

人は意思をもっていかないわけで、

いかなくてもなんとか済むというわけで、

 

保険制度を使ってまで、

つまり自分の身銭を切らずに社会保障をしてもらってまで

行かなければいけないほどのものだったのか?!

と思ってしまいました。

 

ついつい「せっかく保険が効くんだし」で、

「保険使っておかなくっちゃ損しちゃう」みたいな感覚が

蔓延していたように思います。

実際のところ、自分もなかったとは言い切れないが。

 

そして、その患者さんたちの

「保険で診てもらえるんだから行ってみるか」に起因する恩恵を

医者もたくさん受けていた。

 

コロナをきっかけに保険制度の見直しも行われるといいなぁと思う、

・・・がどうなんだろ?




ハードル高い

2020年5月6日

ステイホームと言われて以来、

いろんな面白そうな動画がアップされていて、

それはとっても興味深いのだけど、

全然、視られない。

 

せいぜい10分、いや5分、いやいや2分ぐらいなら

気軽に再生ボタン押してみようかなと思うけど、

それ以上は覚悟が必要というか。

 

音楽ならば聴き流せるし、

だいたい、こんな感じか、もうOK!

ってストップできるけど、

 

映像と話があると、

注視していないといけない、

途中でやめるとまるっきりわからない、

という縛られた感じが…

めんどくさいのかなぁ。

 

いつでも視聴可能という

分子栄養学のオンライン講座を

受けてみたいと思ったけれど、

いつでも可能というのが、

私にしてはそれもハードル高いなぁ。




逃避

2020年5月3日

世の中の動きが速すぎて。

 

みんながいろんなものを見て、

いろんな方向で動いているときも

目が回る速さに疲弊していたけれど、

 

今は同じものについてのあれこれが

一気に暴発しているようで

理解はもとより

認識すらできなくて

一体なにが起きているんだろう、と。

 

完全に取り残されているような感覚に苛まれています。

 

あー、

余ってる押麦でグラノーラでも作ろうかなー。

(完全に逃避)




← 一つ前に戻る!