ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

ライン@

成功とは??

2020年7月31日

なにが成功でなにが失敗なのか?

 

自分を含めかかわる人みんなが納得できて結果的に笑顔になれることが、

多くの場合、成功と呼べるのではないか。

言い換えると、誰かが笑顔になれないことならば、成功ではないのではと。

 

これは、なかなか難しそうだが、

なにか頓智を効かせてクイズを解くような感じで

情報を集めたり、分析したり、想像したり、創造したり、

そうして導き出せたら、

とても楽しく、成功に向かっていくように思える。

 

どうかな?

 

 

 

 

 




好きのものは

2020年7月30日

数日前のブログに「自分を知る」と書いた。

自分の好きなものがわからないというものだったが、

そのことがずっと気になっていて、

では嫌いなものだったらわかるのか?と。

 

好きに比べてわりと出てきた。

 

嫌いなもの。

はたき掛け。下劣。ホラー映画。厚かましいこと。紫色。うるさいもの。まずくて気持ち悪い食べもの。キンキンした音・・・

では、好きなものは?

嫌いなものではないということは確かだが、

嫌いなものの対極を考えてみたが、

イコール好きなものでもないとも思った。

 

きっと対極するものでもないんだな。

地味に比較していくことで、好きが見えてくるのかも。

 

と、今日の結論はここまで!!




ちいさくなあれ

2020年7月25日

家族が入院して約2ヶ月経ちますが、

その間、体重が3キロ増えて

介護が規則正しい生活を支えていたと実感しています。はい。

 

先日のお休みの日に、

SALEに躍らされて服を買いました。

黒のカットソー。

タンクトップみたいなもの。

 

からだにフィットするもの、

いやフィットというよりピッタリ?

というか、小さ目?

じゃなくて小さいね、これ、小さいです。

 

もはや、体を小さくしなければ

今夏着ることは叶いません。

 

読むだけで痩せるとか、

そこに行くだけで痩せるとか、

触れば痩せるとか、

そういうのないですか。

(←鍼灸師が言う言葉じゃない)




自分を知る

2020年7月24日

苦手なことや嫌いなことに向かうと、

同時に得意なことや好きなことを知ることがある。

対比の中で、望みを知る。

 

この数ヶ月、コロナ禍で

今までの日常が覆されて

変化を受容し切れないのか

頭の中が混沌としている・・・

 

本屋さんに行ったら、

「もしもの時に安心!エンディングノート」

という書き込み式の本が目につき買ってみた。

 

項目がいくつかあって、

★自分のこと

★お金・資産のこと

★家族、親族、友人

★自分の「もしもの時」

★自分の大切なものを

など。

 

そこそこ簡単に書けるんじゃないかなと思っていたら、

とんでもなかった。

全然ペンが進まない。

 

考えなくてもかける決まり事、

例えば自分の電話番号とか、職場とか、

家族の名前とか、そんなことは書けるけど、

 

お金のことは調べないとわからないし、

もしもの時、どうしてほしいかなんて、

全く決められなかった。

 

そして一番愕然としたのが、

自分の好きなものが全然書けなかったこと。

 

趣味、特技、食べ物、花、本、色、場所、座右の銘・・・

取り立てて「これが好き!」というものがないんだとわかった。

好き嫌いがあまりないのかも。

漠然としてる。

メリハリがないというか。

 

もし自分を現すワードを3つあげよ、

と言われても、

わからない。

 

これだ!という個性がないんだと思った。

でも、こういう茫漠としたあいまいさや

中途半端さが個性と言えるのかな?

 

好きがわからないから、嫌いがわからない。

決められないから混沌とし続けている。

だからなかなか望みもわからないままなのかもしれない。

 

自分を知るのでした。

 

 

 




元には戻れないが

2020年7月17日

「元には戻らない」

 

過去には戻れない。

それっぽく戻ったように思っても、

そのまま元に戻ることはない。

 

ふと、そんなことを思った瞬間、

心が凍り付くような寒気が起きた。

頭ではわかっているつもりでも、

全然、実感がなく腹に落ちていなかったことだと思い知った。

 

しかし、

 

「振り返って取り戻すことはできないのは、

時間の経過が否応なしにupdateさせているから。」

 

・・・と考えたら、

誰もが日々、まだ見ぬ新しい一日を始めているのだから、

失敗しようが転ぼうがそりゃ仕方ないね、と思えるし、

元に戻ろうではなくて、前を向いて挑戦しようと思えた。

 

なんだか気が抜けた。

よかった。

 

 

 




ズレてる?

2020年7月16日

先日、患者さんと話していて私があまりにもズレているようで

しばらくその後も考えてしまったことです。

 

このところ大雨続きで、出勤されることも大変なことがあると思いますが、

「今日、雨が強いため自転車で出勤できないのでお休みさせてください」

と、会社に申し出たという派遣社員の同僚の方のお話。

 

私はそれを聞いて、

そうだよねー、大変だよねー、危ないよねー、

と単純に思ってしまったんですが、

これは、会社員的にはNGだと諭されました。

 

自転車がだめならタクシーもあるよね、と。

まぁ、そうですね。。。

 

ほとんどの社員はなんとかして通勤しているし、

一般的に通用しない、と。

はぁ、そうですか。。。

 

そう思いはしましたが自分の中でなんだかしっくりこなくて。

 

件の派遣社員の方は、結果、会社は休めたそうです。

雇用関係がちゃんと成り立っているなーと思いました。

 

大雨でタクシー代払ってまで仕事に行きたくないという社員と

大雨でタクシー代払ってまで仕事に来なくていいという会社だったら、

マッチングは成立していますよね。

 

仕事に対しての責任感を持たない(持てない、持ちたくない)社員と、

仕事に対しての責任感を持たせていない会社というマッチングかもしれません。

 

その派遣社員さんは自分に適したところで働いていてとてもいいなぁと思いました。

やはり私はズレているんでしょうか。




オンラインサロン

2020年7月8日

昨日の七夕は短冊に願い事を書きましたか?

・・・

もう久方、そんなことしていないなぁ。

クリスマスのように盛り上がることはないんでしょうか?

物語としてはかなりロマンチックで、キャッチーなのにね。

 

さて唐突ですが私は

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんのオンラインサロンなるものに入っています。

『西野亮廣のエンタメ研究所』というものです。

現在メンバーは6万7000人だそうです。

数年前からなんとなく気になっていて、おもしろい本を書いているなーと思っていました。

 

オンラインサロンでは毎日、西野さんが

現在進行形のエンタメプロジェクトの話や、

ビジネスに関する実践的な話や、

頭の中を開示すべくもろもろのことを詳らかに書いてサロン内に投稿してくれています。

それが、よく毎日これだけのネタがあるもんだね、

そして、どこからこの発想がでてくるわけ?

という驚愕の内容の連投です。

 

それですでにお腹いっぱいなんですけど、

昨今の災害に関しての取り組み方が素晴らしすぎて感服しています。

 

西野さんはエンタメをするには平和な生活があってこそ、といった想いのもと、

オンラインサロンメンバーの生活を守る(←こう言い切ってしまうこの心意気が笑っちゃうほどすごい)と常々言っていて、

有事の際にサロンメンバー同士の相互扶助ができるような県人会を作ってあったのですが、

今回の熊本の豪雨では、

被災されたサロンメンバーに対して、

西野さんはすぐにクラウドファンディングで支援金を募り、

県人会は、サロン内で情報を共有し、情報を整理し、支援やボランティアなどの行動につなげました。

 

それをサロンメンバーはSNSで臨場感をもって知るわけですが、

もうお見事というしかありませんでした。

 

西野さんファンという同じ方向を向いている6万7000人なので、

まとまりやすいということなんでしょうが、

この6万7000人を束ねているのがすごい。

そして、自分の望むエンタメのために、

サロンメンバーを巻き込みながら(多くのサロンメンバーは巻き込まれたい)

全方位的に気を配り、考えて、

誰一人として置いてきぼりにさせず(←といってしまう気概がすごい)

常に結果を出し続けている姿に圧倒されるわけです。

 

オンラインサロンについては、もっといろんな活動もありますが、

とても私の文章力では伝えきれない。

 

ただ、今、エキサイティングな経験をさせていただいているオンラインサロンには感謝です。

 

 

 

 

 

 

 




← 一つ前に戻る!