ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

天気と体調

2018年7月6日

ドイツでは気象と体調の関係が学問になっていると、かつて聞いたことがありますが、

日本でも、バイオウエザー・生気象学というのが

定着し始めているのでしょうか。

 

異常気象の時は、

体調不良の方が多いですね。

 

そのことは、

東洋医学の病気の考え方には当然のようにあって、

病気は、

内因・外因・不内外因によって起こるとされています。

内因は、感情の振れ幅が大きい場合などによって

外因は、気象などの自然環境によって

不内外因は、生活上の不摂生などによって

、です。

 

異常な自然環境が、体調に影響を及ぼすと昔から考えられていましたが、

それを科学的に証明することはなかなか容易ではなかったのかな。

そんなことないよねー、ただ、やってこなかったんだねー(-_-)

 

藤田保健衛生大学救急総合内科/GIM部門 というとこのブログに、

生気象学についてわかりやすく書かれていました。

ご参考までに!

 

また、健康・天気予報バイオウエザー と言うサイトもあります。

その中の 健康予報 もよろしければ。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.