ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

ライン@

睡眠導入剤を飲んでみて

2021年7月11日

初めて睡眠導入剤を飲んでみて💊

現在、家族の介護の関係で
一晩に3〜4回否応なしに起きています。

この1か月ぐらい、
起きてしまうとなかなか寝付けず、
次第にイライラが募り、
壁を叩くとか蹴りたいとか、大声を出したくなるとか、物を投げつけたくなるとか、
それらを我慢していると
涙が出てきて過呼吸になって… など、
まあ、平たく言うと相当疲れていたんだと思います。

ある日、
家族に処方されていた睡眠導入剤を飲んでみようか?と思いました。
普段、薬をほとんど飲まないので、
どんなふうになるのかわかりませんでしたが、
魔が刺したと言うのか、
とにかく飲んでみよう、と。

その夜。
相変わらず夜中に何度も起こされるのですが、
全くイライラしない!
穏やかでいられる!
なぜ?どうして?不思議‼︎

寝付けないのは少し改善された感じ。

とにかく、
こんなに穏やかな気持ちで過ごせるなら、と4日ほど連続で服用しました。

薬を飲んで数日後の日中、
体がどうしようもなく重くて怠い。
手足に鉛をつけられているようで動けないし、
気分は落ちている。
とてつもなく仕事が辛い。

「ストレスのせいで私はもう病気寸前なのかも」
「病院に行った方がいいのかな…」
「まずは心療内科なんだろうか」
そんなことを真剣に考えました。

2日ほどどうしようもない状態を過ごしましたが、
ふと、これは薬のせいでは?と。

その夜から2日間薬をやめてみたところ、
それまでの怠さが嘘のように体は軽く、
痛かった五十肩もすっかり治ってしまったようです。
心も晴々として、
「ああ、やっぱり薬のせいだったのか」と確信しました。

その日はずっと調子がよくて、
夜も機嫌よく夜更かしをしてベットに入り、
その後、全く眠れず一睡もできなかったのだけど、
嫌な気分はなくスッキリと朝を迎えました。

翌日も心身ともに軽く、
その夜もほとんど眠れませんでしたが、
問題はありませんでした。

(… いやいや、2日間寝てないのに
体が軽く元気っておかしいでしょ!
と、今はわかる。)

そして、翌晩。
澄み渡る気分から、
それまでの普通の感覚になったようでした。

夜はあいかわらず眠れず、
それまで通りイラついて。
朝は、少し眠くて怠い。
そして五十肩の痛みも出てきました。

あー、ようやく、ホントに薬が切れたみたい。
いつもの感じに戻ったなと思いました。

【思ったこと・考えたこと】
①人に処方された薬を勝手に飲むのはダメ
②睡眠導入剤は眠るためなので、
私のように夜中何度も起きる前提の人は多分飲まないほうがよさそう
③薬で擬似的な躁鬱を経験したようだ
④薬の効果が完全に切れるのは、
飲まなくなってから少しのタイムラグがあるみたい。
⑤薬は簡単に依存症になれると思った
⑥薬は用法、用量を守るべき
⑦私の飲んだ薬をググったら、
ベンゾジアゾピン系睡眠導入剤でもあり、抗不安剤でもあり、筋弛緩剤でもある向精神薬だった

しごく当たり前のことを納得した、
と同時に薬の怖さを知った経験だった。
薬とは慎重に付き合わなければならないと肝に銘じた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  
ぬちぐすいのブログ