ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

えぐい

2019年9月27日

鍼灸やマッサージでも医師の同意書があり保険適応疾患あれば保険治療は可能です。

実際、私のところでは筋萎縮性側索硬化症の患者さんを

20年来保険で治療させていただいています。

現在はその方おひとりです。

 

近年、保険取り扱いについて非常に厳しくなっています。

それは鍼灸マッサージ師による保険不正請求があったことに端を発しているのですが、

それにしても、取り締まりのやり方がえぐい(苦笑)。

 

私の患者さんは国民健康保険なので、

保険者である静岡市から委託されている民間業者が保険申請の精査をしています。

で、この頃やたらとホンの些細なことをつついてくるのです。

例えば、令和元年5月を、間違えて平成31年5月と書いてしまって、

申請書が郵送で送り返されてきたり。

 

いや、私が悪いんですよ、当然、でもさ、わかるっしょ?

令和って、わかるよね?

ただ間違えちゃったんだねーってわかるじゃん?

これ、いちいち送り返す?

郵便代使って、時間かけて。

ほかの大切な内容的なところは全部あってるよね?

これ、そっちで書き直してくれればいいんじゃない?

(以前は市役所の方だったら「書き直しておきますねー」で済むことがあったのに)

って、つい愚痴ってしまいます。

ちょっと取り乱してしまいました。失礼しました。

 

で、今回、もっとえぐかったのは、

私が申請した内容の真偽を確認するために、

患者さん宛に、施術内容、施術日、同意した医師名、などなど

かなり詳細に質問した紙が送られてきたこと。

記入して送り返せとな。

 

すごいよねー。

必死だねー。

 

以前、こちらのブログに書いたことがありますが、

とにかく少しの間違えも認めません!

すべて公明正大にやっていただきます!

そのために何から何まで確認させていただきます!

という様相で、やたらと事細かに記入する提出文書が増えてしまいました。

郵送するために82円切手ではおさまりきりません。92円です。

あ、来月からは94円になる?!

作業の効率化だとかペーパーレスだとか全然逆行しております。

時間も人件費もかかるだろうに。

ま、もとをただせば不正受給した人がいけないんですけどね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください