ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

ライン@

自分へのいじめ

2021年2月17日

先日、テレビで自衛隊の訓練を観ました。

空挺団が、60キロほどの装備を身につけ

地上数十メートルからパラシュート着地し

それから山中を19日間わずかな食料で歩き、

最終日には敵を襲撃すると言うものでした。

(正確でないかも)

 

番組では、

隊員がふらふらになって座り込んでしまっているところを

他の隊員が発破かけて

結果、座り込んでいた隊員は自らの意思で立ち上がって再び歩き出したのですが、

 

いや、それは少し垣間見ただけで

過酷さがよくわかる映像でした。

 

で、数日経ってそのことをふと思い出した時、

 

これは自分への虐待じゃないのか⁉︎

と。

 

嫌だと思う気持ちを

無理やり押さえ込んで

嫌なことをするって…。

 

ご飯食べたいし、

座りたいし。

なんだか二重人格になりそう😓

 

でも、目標があってそれを成し遂げるために

嫌なことをするというのは、

もはや、嫌なことではない⁉︎

それならいいのかな🤔

 

結論。

やっぱり心底嫌なことは嫌なので

嫌なことはやりたくないです。

嫌なことをするのは

自分へのいじめだと思いまーす。

 




まわりの問題じゃない

2021年2月16日

たとえば、

私が書いた文章にダメ出しをくらったとする。

今だったら、

正直なところ、まず気分が悪くなって苛立つと思う(苦笑)

でも、明日になれば

笑ってやり過ごすとか、

どこがダメだったのか真摯に聞けるかもしれない。

 

とするならば、

ダメ出しが、私の気分を害させるNGな出来事ではなくて、

気分が悪くなるのもならないのも、

私の心の中の問題だということがわかる。

 

なにを感じるのか、なにを思うのか。

自分の心次第ならば、

楽しい気持ちとか、

明るい気分とか、

前向きに捉えられるような心持ちでいたいものだ。




吊るし雛

2021年2月9日

立春が過ぎたら雛飾りをするらしいですね。

少し遅れましたが、

ぬちぐすいも小さな吊るし雛を飾りました。

大正時代?の古布で丁寧に作られたもののようです。

 

家には、昨年ン十年ぶりに実家の物置から発掘された雛人形🎎を飾る予定です!

 

季節の行事は日常にかまけておざなりにしがちでしたが、

たまにはちゃんとやってみたいです。

ひなあられと菱餅も用意しなくては❗️




宅配のお花

2021年2月6日

開業以来二十年近く

毎週のように

お花を治療院に届けていただいていました。

そのお花屋さんが、

コロナ禍で昨年閉店してしまいました。

寂しい😔

 

しばらくの間は、

自分でお花を買いに行ったりもしていたけれど、

このたび、ネットの宅配を頼むことにしました。

とりあえず、やってみよう!

 

昨日はこういうお花が届きましたよ。

 




変な日

2021年2月2日

今日はとってもおかしな一日。

 

ドラッグストアでスマホを置き忘れ、

往診時間を間違え、帰りには財布を忘れ、

お買い物先の電話問い合わせで全然話が通じず、

知らぬ間に治療室のトイレが使えなくなっていて、

駐車場にも入れず、出れず、

明後日の予定が変更続きで、

メール連絡は行き違いで、

 

ホント、もうなんだかわけがわかりませぬ。

 

で、今、これを書いていたら母が

「市役所から電話で、

後期高齢者の保険が戻ってくるから銀行はどこか?と言われたけど、

これ、大丈夫なのかな?」と。

 

市役所に問い合わせたら、そんな電話はしないので警察に届けてください、と。

 

ふぅ、ホントに変な日だなぁ・・・

節分が関係するの?

 




呼吸器

2021年1月29日

ぬちぐすいの駐車場に無断駐車した方!

しちゃだめよ~!!

普段はあいている時間が結構あるから、

それを知っている人は、ちょっとぐらいいいか、と軽い気持ちで駐車しちゃうのかもですが、

いざ患者さんが止めたい時に止められないのは

本当に困るし、迷惑だー!

 

・・・ここに書いても、

おそらく当事者はみてないよね(-_-)

 

さて、気を取り直して。

先日、20年来往診に伺っているALSの患者さん宅でのこと。

 

奥様の施術をしているとき、

隣の部屋に寝てらっしゃるALSの患者さんの人工呼吸器のアラームが鳴った。

えっ?!

奥様がすぐさま起き上がって呼吸器をチェックしに行きました。

速いっ!さすが!

機械を手際よくあれこれチェックされていました。

何度も呼吸器の管を喉から外したり付けたりしていて

はらはらしながら見ていたわけですが、

いよいよ長い時間 外した状態でのチェックが必要となったため、

私が手動で喉に空気がいくようにアンビューバックというものを押すことになりました。

シュッ、シュッと、速すぎないように押し続けます。

奥様はその間、呼吸器の会社に連絡を取り指示を受け呼吸器を直しました。

無事、人工呼吸器を再び装着できことなきをえました。

緊張した・・・orz

 

奥様がぽつり。

 

篠崎さんがいてくれてよかった。

一人の時だったら、本当に困ったもの。

 

ホントだよー(涙)

一人だったらアンビューバック押しながら電話して呼吸器直せないよ!!

 

奥様はもう20年以上、呼吸器を装着したご主人様をご自宅で看ておられる。

今までにも大変なことは数多くあったのでしょうが、

いつも明るい奥様に、私は頭では大変だと思いつつも実感をもてなかった。

でも、今回、自分が現在一人で介護をしていることで

否が応でも自分事として感じてしまい、

奥様の大変さが本当によくわかった。

そして、奥様の覚悟も伝わってきた。

 

いろいろ考えさせられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




相談会

2021年1月23日

「高次脳機能障害相談会」に行ってきました。

 

病気の後遺症で記憶力が低下したり、

意欲がなくなってしまったり、

そんな家族になにか上向きになるヒントが得られるかしら、と思って。

 

結果、行ってよかった!

専門家の先生方の経験豊かなお話を聞いて、

自分の次にやる手が見えてきました。

こういう機会は本当にありがたいなぁと思いました。

 

家族会という方たちとも繋がれて、

今後、いろんな情報交換もできそうです。

 

焦らず行こう❗️

 




← 一つ前に戻る!   
ぬちぐすいのブログ