ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

汗吐下和

2019年3月3日

夜中にのどが痛くて目が覚めた。

そして、寒い・・・

 

仕方なく起きて、温かいものを飲んで、

のどの痛みを取るための瀉血をした。

陽明大腸経の商陽というツボ。

そして、首の下の前と後ろに、せんねん灸の火の出ないお灸を貼って温めて。

おまけに、のどの痛みにいいというアロマ(オンガードというブレンド)を焚いて寝る。

 

3時間後。うっすら汗をかいてのどの痛みは半減!

また、温かいものを飲んで、瀉血をして。今度は前回よりも多く血を絞り出してみた。

そして、お腹と背中にも火の出ないお灸を貼ってさらに寝る。

 

3時間後。9割方のどの痛みは取れた。

一日マスクをして過ごそう。

 

・・・というのが昨日でしたが、

その夜。

20時過ぎには布団に入ってとにかく寝る。

 

夜中、目が覚めたら、頭痛がひどいので、

頭痛にいいらしいペパーミントとフランキンセンスというアロマの精油をこめかみや首の後ろに塗って、

水分をたくさんとって、マスクをして温かくして寝ていたら、

出るわ出るわ汗が。

 

明け方、もう一度アロマを塗って、水分とって、

トイレに行ったら気持ちよく便が出た。

そしてまた、温かくして寝る。

汗が出るー。

 

そして、朝は、おかげさまでスッキリしました!

ヤッホー。

 

 

汗吐下和(かんとげわ)、という東洋医学の治療法があります。

汗をかく、吐く、下す、は、取り去る治療法。

和は、中和する治療法です。

 

汗をかいて便を出したら治りました。

鍼や灸じゃなくても

どんな手を使っても(←以前、理学療法士さんが患者さんに使っていたのを聞いて、インパクトがあったので真似した!)

治ればいいです。

 

私は、鍼灸師なので、

患者さんには鍼灸で治すようチャレンジしますが、

自分に向けては、

どんな手を使っても(←また言っちゃった)

いいとします、か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ハーブティ

2019年3月2日

知人からいただいたハーブティ。

正直、ハーブティは今まであまり美味しいな~と思ったことがなくて

好んで飲んだことがなかったのですが、

先日 知人にいただいたものは美味しかった!!

身体にしみこむ感じが心地よくて、

やわらかくて優しい味がしました。

本当に美味しかったです。

これは、また是非、飲んでみたいと思いました。

ちなみにこれ↓

 

https://www.pukkaherbs.jp/




ぼやき

2019年3月1日

ペーパーレス化と言われているけど、

役所に提出するものなんかは、

たーくさん紙のものがあったりして、

それを控えのためにコピーして・・・なんてことしていたら、

なんだか以前より増えている気がする。

そして、より正確性を期すためになのか、

過剰と思える資料提出を求められたりして、

手間も費用もかさんでいる気がする。

 

と、プリンターのインク切れ表示をみてふと思うのであった。

それにしても、プリンターの純正ものは高いよね~~。




本当においしい

2019年2月28日

中学生のとき、

修学旅行で行った京都で

いただいた湯豆腐が本当に美味しかった。

高校生のとき、

友達の叔父さんに連れて行ってもらった清里で

いただいた朝採りのキャベツが本当に美味しかった。

大人になってからも、

もう忘れてしまったものがたくさんあるけれど、

丁寧に作られたものとか、本来の味が引き出されたものとか、大事に育てられたものとか、

本当に、本当に美味しいなぁと思うものがありました。

実はジャンクなものも好きではあるけれど、

心の底から美味しいとはやっぱり思えないかも。

こだわることはあまり好きではないが、

(というより、こだわる前に飽きる<汗)

食べたものが体になるのだと思うと、

自分をごまかさないで、心がよろこぶものを食べたいなぁと思うのです。

なかなかできないケド。




2019年2月27日

文房具店に行ったところ、

入口の大きなガラスに桜の花の大きなシールが貼ってありました。

店内の商品も、

桜模様や桜色の文具がたくさんきれいに並んでいました。

ここにも春!

うすいピンクって、心が華やぎます。

 

そしてこんな曲を思い出しました。

 

 




駆使して

2019年2月24日

自分の想いをメールで伝えるのって

なかなか難しいです。

せめて電話。

できれば直接会うのがいいです。

 

字だけのネットニュースより、動画ニュースか。

 

視覚、聴覚、できれば嗅覚や触覚・・・

いろんな感覚器を駆使した方が情報はより伝わりやすいのか。

 

鍼灸の四診。

望診、のぞんで診察。つまり意識を持ってみること。

聞診、音や匂いをきくこと。

問診、話をきくこと。

切診、触ってみること。

 

名人や天才は、望診だけでわかるようですが、

私のような凡人は、すべての診断方法をつかって診るのです。。。

誤ることなく患者さんの訴えや体の状態を知るために。

 

 

 




予防

2019年2月22日

先日、ある患者さんが、

入院中、皮膚がカサカサしてきたので担当医に告げたところ、

「乾燥ですね」と。

で、加湿器を病室につけたいと申し出たところ、

「感染の恐れと、病室はいろんなものが置いてあるので邪魔になります」

ということでNGだったと。

そして、

「ワセリン出しておきます」と。

 

これって・・・

 

治療も大事だけど

予防も大事ですよね。

 




← 一つ前に戻る!   一つ先に進む! →