ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

昔むかしの人も

2018年8月25日

手の親指が腱鞘炎だという患者さんが、

興味深いことをおっしゃっていました。

 

「腱鞘炎は、お灸がよく効くんですよ」

という私の言葉を聞いて、

「そうだと思ったんですよ。

昔むかしから、中国でも

おんなじような症状に困ってた人いると思うんですよ。」

と。

 

なるほどね~。

 

きっと昔むかしの人の方が

手仕事をたくさんしていて、

腱鞘炎になっていた人もいっぱいいたんじゃないかと思うと、

なんとかして、身近にあるもので治そうとしていたに違いない。

患部を鋭利なもので刺してみるとか、

草などを燃やしたもので熱くしてみるとか、

そんなことをして治療していたんじゃないかな。

 

昔から人が生きていく中で多く発症してきた痛みや病などは、

やはり昔からある自然の治療法、

鍼灸や漢方などを始め、自然療法がよく効くんじゃないかと

思ったのでした。

 




おもしろいでしょう

2018年8月23日

鍼灸師仲間の友人が、

フェイスブックで

下顎にある歯や歯茎の違和感に対して

患部の対角の合谷のツボがよく効いた旨のことを書いていました。

旅行バッグを肩に担いで歩いていたことで

手の陽明大腸経の変動が起きていたようです。

 

合谷は、手の陽明大腸経絡上にある大切なツボです。

下顎の歯や歯茎も、手の陽明大腸経絡上にあります。

そして、バッグを担いでいて負担がかかったと思われる肩や腕も手の陽明大腸経が通っています。

 

下顎の歯や歯茎と、

肩や腕と、

一見関係なく思えますが、

同じ経絡を通過しているため、

両者を治療するには、同じツボで効果があります。

 

面白いでしょう。

 

 




はい、勉強します

2018年8月22日

患者さんから、

舌の状態が花粉症の時期からおかしい、

という相談を受けました。

 

東洋医学では、舌診という診断方法が用いられることがあります。

舌の色や苔、形などで全身を診断するのです。

 

ただ、私、ほとんど、舌診してません orz

中医学の方たちが詳しいのかな~。

 

ということで、相談を受けても

「調べてみますね」

としか返事ができずに申し訳なかったのですが・・・

 

宝の持ち腐れ的に持ってはいるが理解していない専門書を

これからひも解くことにします。

 

はい、勉強いたします。




氷くるみ餅

2018年8月21日

氷くるみ餅 って、初めていただきました。

白玉を、青大豆の餡でくるんだものに

かき氷がのっかていました。

上品さも感じられる素朴な味でした。

好きな味でした♪

 

堺市界隈では超有名店らしく、

平日でしたが、並んでいました。

 

お近くにお寄りの際には是非!!

 

「かん袋」さん↓

https://macaro-ni.jp/30002

 

 

 




名前

2018年8月18日

自分の名前が長い間好きではなかった。

発語しにくいし、

どこかしら古めかしいし、

堅苦しい感じがするし、

全然ピンとこなかった。

 

由貴子の由は、自由の由。自らにしたがう、自らに基づく、自らによる。

由貴子の貴は、貴いの貴。

由貴子の子は、一から了まで、最初から最後まで、つまりは一生涯。

 

「生涯、貴く生きる」

 

と解釈してみた。

 

決意みたいな強い意志を感じてしまって、

やっぱり堅い名前だな~と改めて思ったけれど、

貴く生きたい、という想いは知らずのうちに自分に備わっているかも。

できているかどうかはともかくとして。

 

人生が名前に引きずられるということもあるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 




貼り薬と飲み薬

2018年8月17日

昨日、今日と

貼り薬と、飲み薬について、

何度か患者さんとの話の中ででてきました。

 

飲み薬は、

飲んで胃で溶けて、腸で吸収して、肝臓で代謝して、血液に入って・・・効きます。

貼り薬は、

貼って皮膚から血液に入って・・・効きます。

 

内臓を通過しない分、

貼り薬の方が体の負担は少ないのかな。

そして、

貼っている間、ゆっくり効かすことができるのが利点かな。

 

それから、

飲み薬は全身に、

貼り薬は限局的に使いやすいのかな。

でも、薬は血液に入って効くものだから、

結局は、両方とも同じ気もしますが。

 

同じ成分の薬を、

飲むのと貼るのと、使い分けはどうしたらいいのかしらね。

たとえば、

胃腸の弱い人は貼り薬、

すぐにパッときかせたい人は飲み薬、

とか、そういうこと??

 

はい、ちゃんと調べてみます、はい。

 

 




行って、郵送

2018年8月16日

東京の知人と

静岡の私が

新幹線で、名古屋で合流して

大阪に行く際、

 

隣同士の指定席を取りたいと、

JRに問い合わせたところ、

 

どちらかが窓口でチケットを購入して

もう一人に郵送する、という方法を指南された。

 

え?!

この時代に、

わざわざ駅に買いに行って、

それでもって、郵送?

 

軽く頭を殴られた感じがしました。

 

ホントにその方法しかないの?

オバサンだから、そう言われたのかしら~?

 

 

 

 

 




← 一つ前に戻る!   一つ先に進む! →