ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

豆腐模様

2018年7月5日

学生の修学旅行で嵐山に行ったとき、

湯豆腐の美味しさに驚き、

それ以来の豆腐好きです。

 

豆腐まわり?の湯葉や豆乳もいいです。

私の場合、

更年期障害のホットフラッシュの症状が豆乳ヨーグルトで激減。

す、すごい。

大豆のイソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンと似ているから効果的、という話ですね。

同じものばかりを食べ続けるってなんとなく抵抗があるんですが、

今のところ、止めると症状がでるのでもうしばらく続けてみようかと。

 

先日、母がテレビで仕入れた手作り「豆腐スィーツ」をいただきました。

豆腐にお砂糖をかけて冷蔵庫で30分置く、というものらしいのですが、

これが、

これが!

こ・れ・が!!

おいしかったです!!!

 

市販のプリンやムース、ゼリーには添加物が入っていてちょっと・・・

という方にはとってもよいのでは。

工夫次第でいろんなアレンジができそう。

子供の夏のおやつにもよさげです。




かっこいいぞー

2018年7月4日

今、突風が吹いて

治療院近くのゴミ集積場所から、

ガラガラガラと、けたたましい音を立てて

袋詰めされたビン・缶が、吹き飛ばされていきました。

 

ありゃりゃ~

 

慌てて外に出てみたら、

同様に、

あっ!!! と言う顔をした人が数人。

 

そして、ビン・缶袋を追いかけている人、数人。

 

中でも、ガソリンスタンドのお兄さんがダッシュで掴まえて

颯爽と集積所に持ってきて、ポイと。

 

おおー、かっこいいぞー。

 

 

 




木漏れ日

2018年7月3日

スーパーのレジで並んでいたとき、

隣のレジに同じく並んでいた40代主婦と見受けられる女性、

なんとも人を惹きつけるオーラをまとった方でした。

 

落ち着いていて、

軽やかで、

清々しくて、

明るくて。

 

避暑地の木漏れ日みたいな(笑)

 

失礼ながら、顔が特別に美しいというわけではなかったのですが、

佇まいというか、

所作というか、

つい見とれてしまいました。

 

そして、一言でいうなら、

幸せそう!

 

笑顔も最高に素敵でした。

やはり、人は顔立ちではなくて顔つきです。

 

あんな人になりたいなぁ。

 




五感

2018年6月30日

南の島に住んでいる友達から

気持ちのいい海の写真がおくられてきた。

見た途端に、かつて行ったこの地での記憶がバーッと甦った。

そこで感じたこととか、考えたこととか。

 

匂いや、音なんかも、

記憶とリンクしやすい。

そして体験した匂いや音そのものを、

そのままリアルに思い出せる。

 

五感って、そうなのね、

と考えていたら・・・

味覚と触覚は、私にはそうでもないことがわかった。

 

味がわからなくなるほど辛かったとか、初めての味だったとか、

指が沈むほど柔らかかったとか、かさかさして気持ち悪かったとか、

そういうことがあったという記憶はあるけれど、

それが実際どんな味なのか、どんな手触りなのか、

自分の中で再現できない。

 

痛みってのもそうかも。

痛かったという事実は頭では覚えているけれど、

その時の痛みが感覚として甦らない。

 

痛みを忘れえるから人間は生きていられる、

と、よく言われるのは、

痛みの記憶が積み重なっていくと、

人は動けなくなって死んでしまうからなのかな。

 

痛みは生きる上で大事なことなんだと思うけど、

そればかりでは辛い。

 

ならば、私にとって味覚と触覚って、

どういう意味があるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 




仲間入り?

2018年6月29日

「絶対に行った方がいい。行くべき。」

ある日、患者さんから熱烈に勧められたブルネイ旅行。

意味不明ながら、ほいほいその気になって10年ほど前に行った時、

 

ツアーバスの添乗員さんが、

「このあたりの雨は、私はカーテンで仕切ったような雨と言っているんですが、

あるところを境にきっぱり、こちらは土砂降り、あちらは青天なんです。」と話された。

 

今日、

横断歩道のこちらの私は、突然、バケツをひっくり返したような豪雨に合い、

横断歩道の向こうは降っておらず、

そしてあっという間に雨は止みました。

 

これって・・・

それ?

 

確か沖縄では、「かたぶい」というんですよね。

スコールが短時間に局地的に降ることです。

 

熱帯地方に多い現象のようなんですが、

静岡もとうとう熱帯地方に仲間入り?

おかしくないか?

 

 




どこからくるの

2018年6月28日

個人事業で独りで仕事をしていると、

仕事の時間はあってないようなものだけど、

私のように診療時間が決まっていると、

その時間内は仕事中という意識がぼんやりとあります。

 

なので、

診療時間内の診療していない時間に、

ぼんやりしていたり、友達にメールしていたりすると、

誰に咎められるわけでもないのに、

なんとなく罪悪感に苛まれたり。

 

診療時間外でも、

たくさん、している仕事はあるし、

診療以外でも、

いろいろ仕事をしているわけだけど。

 

自由に時間を使って、

仕事をしたり、

休んだり、

遊んだり、

していいのにね。

わけのわからぬ負い目や焦りの気持ちってどこからくるんでしょうね。

 

 




有効期限は

2018年6月27日

家庭菜園のゴーヤが全然 成りません。

 

先日、

「去年、トマトの苗を植えたのだけど

全然、採れなかったので、

これでは買った方が安いから、今年はやめました」

という話を伺って、

 

お金についてふと考えました。

 

「お金は対価」というのは、多くの人の認識通りだと思うのですが、

その対価は、いつまで有効なんだろう、と。

 

支払ったり、いただいた時点で終わっている気もするし、

トマトができるまで、できなかったまでの期間ずっと有効の気もするし、

 

たとえば愛着をもって長い間 使い続けている皮革のバッグなどは、

何十年か経ったのち

しみじみ「本当にいい買い物をした」と思うかもしれない。

何十年もの間、ずっと対価の感覚を持ち続けているということなのか。

 

なんなんだ、その感覚。

随分、お金に囚われているようにも思うけど。

 

でもたとえば、

なけなしのお金で

清水の舞台から飛び降りたつもりで

お気に入りを買ったとしたら、

それは金額というより、

「苦労して」手に入れたという想いが、

値段に投影されているだけなのかも。

 

・・・にしても、

引きずるもんだなぁ、そういう感覚って。

 

で、ゴーヤですが、

今の私は、

「なかなかできないな~」

「こんなに大きく葉っぱはなってるのにな~」

「わさわさして勢いがあってかわいいな~」

「どうしたらできるのかな~」

とか、

いろんなことを考えたり、思ったり・・・

そんなきっかけを与えてくれているゴーヤにありがたいと感じているのでした。

 

 

 

 

 

 




← 一つ前に戻る!   一つ先に進む! →