ぬちぐすいのブログ

ぬちぐすいのブログ

睡眠

2018年11月8日

ぬちぐすい では、

鍼灸治療に加え、

時に、太陽光線治療器を用いて、

体を温めることもしています。

 

毎月、光線研究所というところから、

「光線研究」という冊子が送られてきます。

 

そちらに、睡眠に関しての記事がありました。

衝撃だったのは、

2013年のフィンランドの調査で

睡眠時間7~8時間の人に比べて7時間未満の人は、

認知症のリスクが1,6倍高くなっていると。

また、慢性的な断眠(長時間睡眠をとらない生活)により認知症を発症する要因となることが、

アミロイドβの蓄積が認知症発症の20~30年前から始まっていることで

示唆されていると言います。

アミロイドβがなんのことやらよくわかりませんが(汗)。

とにかく、断眠が認知症を引き起こすらしい、ということですね。

 

患者さんのお話を伺っても、

睡眠不足の方が多いですね。

朝スッキリ起きられない方もとても多い。

そして、眠れずに睡眠薬や睡眠導入剤を服用されている方もホントに多い。

 

鍼灸や指圧で気を巡らせて経絡を整え、

血流を促進し、

太陽光線で

冷えている部分を始めとし、

顔(目)などの照射により、

良好な睡眠を期待します。

 

 

 

 

 




アウト

2018年11月6日

昨日の日記を今日書いていたんですが、

(その時点でアウト?)

日記帳の11月5日のページに

 

「世界津液の日」

 

と!

世界津液の日?

津液って東洋医学でいう血液以外の水分のことですけど?

一般的に知られていること?

それも世界的に?

は?なに?どういうこと?

普段、鍼灸師でございます、なんて言っているわりには、

全然、わかっちゃないじゃん、だめね!

みたいな、自己否定感が瞬間的に渦巻いてきて

うなだれながらもう一度、日記を見直してみましたが、

やはり、

 

「世界津液の日」

 

と。

はい、ググりました。「世界津液の日」。

はい、なにも出てきません。

 

「世界津液の日」に加え、「11月5日」と検索してみました。

 

「世界津波の日」

 

と、最初にヒット・・・

そして、私は、アウト  orz

再再度、日記を見てみたら、ちゃんと

 

「世界津波の日」

 

と。

皆様、11月5日は、世界津波の日です。

覚えておきましょうね。

 

 

 




ヒューマン・アナトミー・アトラス

2018年11月1日

鍼灸専門学生の知人から教えていただいた

スマホのアプリ

『ヒューマン・アナトミー・アトラス2019』なるもの。

人体の内部を3Dに見られるもので、

筋肉、神経、内臓などの解剖が詳細だし、

とても画像がきれいだし、

機能がたくさんついている。

 

とても使いこなせる気がしない(笑)

 

こんな小さなスマホの画面でなくて、

それなりに大きいタブレットで見たいなぁ。

 

 

しかしながら・・・

 

楽しい!!

 

 

解剖を勉強したい人には、

わかりやすいと思います!

 

 

 

 




みなぎる

2018年10月25日

ぬちぐすい に来院される方は、

多くは同世代の女性なのですが、

ときどき成長期の10代がみえることがあります。

鍼灸を施した彼らの変化はホントに顕著です。

みるみる変わります。

生きる力がみなぎっているというか。

元気にすくすく育ってほしいと思うのです。




共に

2018年10月24日

昨日、知りたかった曲名がわかってスッキリ!

うれしい♪

そういえばスマホのアプリに

歌を歌うと曲名がわかるというものがありましたね。

すごい機能だな~。

(今回は使ってませんが)

 

ちなみに、知りたかった曲は

「久場山越路」くばやまくいつぃ

でしたー!!

 

「久場山越路」とは、

石垣島にある峠の道のことなんですが、

両親に結婚を反対された男女が

この峠道で逢瀬を重ねて語った内容の八重山民謡です。

 

黒島に うるけや さふ島に うるけや

島一つ やりうり ふん一つ やりうり

ぶなびしん 我二人 ゆいぐなぐん 我二人

山行きん 我二人 いす下れん 我二人

 

黒島にいるときは、

島にずっと一緒にいられると思ったのに。

仕事をするときも一緒、山に行く時も、潮干狩りに行く時も一緒だったのに。

 

みたいな唄です。たぶん。

acoustic parsha という人たちの演奏が大好きなんですが、

ネットで動画が見つかりません。

聴いてほしいなぁ。私の想いを共有してほしいなぁ。なぁ。

 

 

そうそう、

人は共感してほしいんですよね。きっと。

共通項を見つけると少し緊張がほぐれますよね。

初めて会った人と同い年だったり、

故郷が同じだったり、

趣味が同じだったりすると、

一気に身近に感じるという・・・

 

 

鍼灸施術でも、

患者さんと鍼灸師が共鳴すると

施術効果が上がるように思います。




体の不調は

2018年10月19日

昨日の

「自由度が高い」

ことを、今朝、ふと思ったのですが、

目の前の今がつらい場合、特に体の不調に関しては、

なかなか自由になりづらいなぁ、と。

たとえば、ものすごくお腹が痛いとか。

体が痛いのは、気持ちを明るくもとうとか、脳をだまそうとしても

かなり難しそう。

生命維持に関わることだから、なのかしら・・・

 

体を良好な状態に保つことって貴いんだなぁ。

自由であるために、体を整える。

そうか、だから私はこの仕事に就いているのかななどと思ったりして。

↑ 単なる思い付きで書いてしまったけど。




すべては自然の中に

2018年10月16日

この頃よく思うのは、

「たいていのことは自然の中に答えがある」

ということ。

 

鍼灸の仕事をしていて、

人体は小宇宙だと体感していることを

筆頭に、

 

美しいもの、

色彩、形状、音、光のぐあい、匂い・・・

 

たぶん、

人間関係とか、

いろんな感情とか、

生きるとか死ぬとか、

善悪とか、

ものの理とか、

 

日常生活のあらゆる場面に遭遇するあれこれも、

非日常のあれこれも、

 

自然を感じたり、

自然にそくした考え方をしたりすることで、

 

答えそのものずばりがあったり、ヒントがあったりする、

ように思いますが、

どうですか?

 

 




← 一つ前に戻る!